決定

サッカ−W杯アジア最終予選 日本 vs オーストラリア

1-1 で辛くもドロー。
前半からポゼッションの日本とカットから縦パス一本orカウンターのオーストラリア。と言うか後半まだ殆どそんな感じ。しかもオーストラリアは守備に入ると一人だけ前線に残して後はドン引きのガチガチ・ディフェンス。何というか、とても勝ち点で追いつめられているチームの戦い方には見えなかった。これはオジェックの失策じゃないかなぁ…。
しかし、オーストラリアは後半36分に攻め上がった左サイドからセンタリングとも思えるループシュートでGK川島の頭上を越えてゴール隅に決めて先制。その後もボールを持って攻める日本とカウンターのオーストラリアという展開は余り変わらず。そして、ロスタイム。サイドから攻める日本にオーストラリアDFがペナルティ・エリアでハンド。そしてPK。これを本田がど真ん中に蹴って決める。日本は土壇場で同点に追いついた。そして試合終了。
日本は1-1のドローでW杯出場を決めた。


やれやれ(苦笑)。


いや、もう「やれやれ」の一言しか出ない(笑)。
オーストラリアみたいに身体能力に勝る相手にガチガチに守られた時にどう点を獲るのかってのは課題として残るだろうけど、まあとりあえず今日はW杯出場を決めたから、まあいいや(苦笑)。