ツール閉幕

ツール・ド・フランス2009 第21ステージ カヴェンディッシュシャンゼリゼで驚異の6勝目 別府は華麗なアタックで敢闘賞受賞! (http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=11598)

なんどめだカヴェンディッシュ!! (6度目です)
とゆーわけで、コロンビア・HTCの盤石のゴール・スプリントでカヴェンディッシュが6勝目。だれか、この人を止めてくれ(苦笑)。
で、それよりなにより、別府が逃げグループを牽きまくり!!
いや凄い。最後の最後でやってくれた。あれだけ逃げグループを主導していれば敢闘賞も納得。いや良かった。
パリの手前のパレード走行の時にも新城、別府のコンビが何度も国際映像で抜かれる。おそらくフランスの人にとっては初出場の日本人二人が共にステージ入賞を果たして完走するなんてのは、ちょとしたサプライズだったのだろう。
というか、フランス人は日本人が自転車に乗るなんて思ってないのかもしれないけど(苦笑)。
日本人がそこそこ活躍したから今年初めてツールを観たという人にとっても、かなり面白かったんじゃないかと思う。


それと同時に、毎鳥ツールを観ている人にとっても総合争いが非常に面白かった筈。コンタドールの強さ、ランスの老獪さ、急成長を遂げたアンディ・シュレク、弟と共にアタックを繰り返したフランク・シュレク、獲りに行ったスプリントは全部獲ったカヴェンディッシュ。全て良かった。